フリーライターの原稿料の相場

article_fee

こんにちは、薬剤師ライターの高垣です。
フリーライターになって、あちこちに記事が掲載されるようになると依頼も増えてうれしいですよね。
そんなときに困るのは、受けたことのない案件の原稿料の相場観がない場合じゃないでしょうか(わたしはそうでした)。

そこで今回は、フリーライターの原稿料ってどのくらいなのか、相場を調べてみました。

雑誌などの紙媒体の原稿料

  • 1ページあたりの原稿料
    2000円~30000円。
    一般誌のお仕事は取材費・取材にかかった交通費等も込みでこのお値段のことが多いです。
    たまに交通費は支給してくれるという親切な出版社さんもあります。
  • 400字あたりの原稿料
    ~10000円くらい。
    A4の雑誌1ページが1200文字~1600字くらい。かなり文字がぎっしりで2000文字くらいです 。
    でも、たいてい題字や写真が入るので2000文字みっちりということは少ないと思います。

書籍・本の原稿料

  • 1冊分書き下ろしの原稿を買い取りの場合の原稿料
    30万円~。このライティング費の中には取材費も含みます。
    もしかしたら、原稿を書き終えた後の校正費なども含む場合もあるかもしれません。ちなみに、原稿のボリュームは200ページ10万文字、取材は10時間程度(1回2時間×5~6回)、校正は200ページ分を2~3回くらいが目安です。この通り、ブックライティングのお仕事は、とにかく工数が多くて時間がかかるお仕事です。
    本作りに取り掛かると1カ月くらいは、この案件にかかりっきりになる場合が多いため、その間の生活が苦しくならないようにギャランティを交渉したいところです。また、ブックライティングはライターのとても良い実績となりますから、ギャランティの確認とともに、奥付に「編集協力」「ブックライティング」「文」などのクレジットをいれてもらえるかどうかなどの確認もしっかりしましょう!
  • 印税として原稿料を頂く場合
    3~7%くらい。
    自分が著者なのか、著者は別にいてブックライティングのみを請け負っているのかによって割合が異なります。以前は10%の印税を頂けていたそうですが、最近では10%も出してくれる出版社さんは少ないということです。紙のお仕事は雑誌も本も厳しいみたいですね。

ウェブ媒体のお仕事の原稿料

  • 1文字あたりのライティング費
    1文字1円~15円くらい。
    1文字あたりのライティング費が1円を下回ることもあるようですね……。
  • 記事1本あたりのライティング費
    40円~20000円。
    クラウドワークスさんやランサーズさんなどのクラウドソーシングのサイトを見てみると、記事1本あたりの文字数は少ないものの、数十円の案件とかあるようです。

薬剤師で週末ライターやフリーライターをしている方へ

さて、ここまでご紹介してきた「フリーライターの原稿料の相場」。これが果たして妥当な金額なのか。

薬剤師ライターとして、医療系をメインにライティング業務に10年間携わってきたわたしとしては、これらの相場の下限の方は安すぎるかな…という感じがします。

もし、薬剤師としての専門性を必要とする記事のライティングを求められているのに、下限のほうに近いギャランティを提示されている場合には、もう少し高めに請求してもOKだと思います。

なお、損をしない原稿料の見積もりの方法については、こちらの記事「フリーライター必見!損をしない見積もりの仕方」でご紹介しているので、よろしければ併せてご覧くださいませ。

Follow me!