【ライター未経験の薬剤師必見】フリーライターになるための仕事の探し方

find_writing_jobs

ライター未経験者がライターになるには、原稿を依頼されるしかありません。
そして、その原稿を書き上げて実績を残すのです!
1本でも原稿作成の実績があれば「ライター」なのですから。

そこで今回は、ライティング未経験の薬剤師が、週末ライターとして副業・兼業するときのお仕事探しの方法をご紹介します。

クラウドソーシングを利用して仕事を探そう

ライティングの仕事が沢山集まる場所、それがクラウドソーシングです。
クラウドソーシングには、ライティングの仕事を依頼したいクライアントが大勢おり、毎日次々とライティング案件を受けてくれるライターを募集しています。

ここでは、プロからお小遣い稼ぎまで、さまざまなライターが利用しているクラウドソーシングを2つご紹介します。

  • ランサーズ
    登録無料です。
    ランサーズを利用するメリットは、数十万件ある仕事から、自分にできそうな難易度の仕事を選んで応募できること。
    そして、はじめての取り引きで不安な「お金のやりとり」や「クライアントの評価」をランサーズのシステムを通してある程度知ることができる点にあります。利用手数料は、依頼金額20万円超部分5%、10〜20万円部分の10%、10万円以下部分の20%で、依頼金額からこの利用手数料を差し引かれた金額が報酬となります。
    ※利用手数料の計算は、ちょっとややこしいのでこちらをご確認くださいませ。
  • クラウドワークス
    登録無料です。
    ランサーズに比べると、案件数が少なくライティング案件は十数万件となっています。こちらも検索して、難易度にあった案件を選ぶことができますし、クライアントの評価を口コミなどで下調べしたうえで受注することが可能です。ランサーズと比べて良い点は、タスク案件に関しては利用手数料が無料なこと。
    それ以外の案件に関してはランサーズと同様で、20万円超の部分:報酬額の5%、10万円超20万円以下の部分:報酬額の10%、10万円以下の部分:報酬額の20%となっています。得られる報酬は、依頼金額からこの利用手数料を差し引いた額となります。
    ※利用手数料の計算方法については、こちらをご確認くださいませ。

薬剤師ライターを募集している会社を見つけて直接応募しよう

クラウドソーシングを利用すると手数料を取られてしまうので、せっかくの報酬が目減りしてしまってもったいないですよね。
これを回避するには、クライアントさんと直接取り引きするという方法があります。

でも、探すのが手間なのですよね。
そこで、薬剤師ライターを募集している会社をいくつか探してピックアップしてみました。

など。

最新の募集状況は、応募時にご自身で確認してくださいね!

まとめ

繰り返しになりますが、ライター未経験者が薬剤師ライターになるには、まずは1本の原稿からです!
ぜひ、クラウドソーシングなどを利用して初めの一歩を踏み出してみませんか。

Follow me!